福光屋ミュージアム

ホーム > 福光屋ミュージアム

昭和:広告史
福光屋は地方の酒蔵にしては珍しく、早くから宣伝広告に取り組んでいた。それは十二代目福光博の戦略であった。
とくに、当時の人気漫画であった横山隆一氏の「フクちゃん」をアドキャラクターとして採用したことの効果は絶大だった。
「フクちゃんフクマサもってきて」をキャッチコピーに、テレビコマーシャルをはじめとするさまざまな広告展開をはかった。これらは約20年間にわたって継続され、地元の広告史上にも残るシリーズとなった。
地元の芸妓さんをモデルにした店頭用ポスター。 ― 昭和26年 ―
金沢の造り酒屋ではじめて小売店頭用のポスターをつくる。
いわく「酔い心持よき福正宗入荷しました」




公開ラジオ番組「ほろ酔いクイズ」のようす。 ― 昭和27年 ―
JOMR局開局と同時にスポンサーとなり、ラジオ公開番組「ほろ酔いクイズ」を提供する

― 昭和35年 ―
PR映画を制作する(ナレーション:若山弦蔵)

― 昭和36年 ―
テレビ民放JOMR-TV開局と同時にスポンサーとなり、番組「ほろ酔い劇場」を提供。コマーシャルソングをつくる。これ以後、積極的にマスメディアを利用した広告展開をはかる

― 昭和37年 ―
横山隆一氏の人気漫画「フクちゃん」をアドキャアクターとして採用 する

百万石祭の商工パレード ― 昭和38年 ―
フクちゃんのコマーシシャルソング♪フクちゃんフクマサもってきて♪をつくり、フクちゃんキャンペーンを開始する。
第一弾としてフクチャン指人形プレゼントを実施。以後フクちゃんは爆発的な人気を博し、酒販店の看板や各種販促用ツールなどに幅広く採用され、福正宗のシンボルとして永く愛されていく

― 昭和39年 ―
東京オリンピックにちなんで、フクちゃん金メダルキャペーンを実施。その後もフクちゃん貯金箱、フクちゃん定規などのキャラクターグッズをつくり、消費者キャンペーンをおこなった。
この年、横山隆一氏を中心に「フクちゃんクラブ」ができる。青島幸夫、サトウサンペイ、加藤芳郎など作家、漫画家がメンバーで、金沢で定期的に会合をひらくことになる
横山隆一氏
フクちゃんは昭和63年におこなったCIを機に、福光屋のアドキャラクターとしての役割を終えた。時代の変化とともに、新しいイメージ戦略がもとめられるようになったからである