HOME > 福光屋の酒
福光屋の酒

福光屋の酒

基本は、お米と水。

美味しい酒を造るには、まず第一に上質な酒米と水があること。ここに、麹や酵母の力、蔵人の技が加わって、味わいの異なる幾種もの酒が造られます。福光屋は、1960年から全国の酒米優良産地の作り手と独自に契約を結び、土づくりからこだわった「山田錦」をはじめ、「金紋錦」「フクノハナ」「五百万石」などの酒米を使用。一方、仕込みに使う水は、霊峰白山の麓一帯に降りそそいだ雨雪が百年の時をかけて地下深くにしみ込みながらミネラルをとけこませ、金沢・石引の地まで流れ着いた潤沢な地下水「百年水」です。この恵みの米と水があるからこそ、福光屋は存分に酒の味わいを追求できるのです。

ブランド一覧

黒帯

KUROOBI

金沢の老舗料亭をはじめ、数々の食の職人に鍛え育てられた酒。「燗も善き哉。冷も善き哉。」の通り、幅広い温度帯で熟成によるまろやかさとコク、ふくらみを楽しめます。「黒帯」の命名は英文学者・吉田健一によります。

加賀鳶

KAGATOBI

コンセプトは「粋」。酒米の個性と純米造りの妙技を、キレのよい辛口で表現するシリーズです。金沢の地酒として親しまれ、通年販売の9種、季節数量限定7種で構成。多様な造りと味わいをお楽しみいただけます。

風よ水よ人よ

KAZEYO MIZUYO HITOYO

福光屋独自の酵母による「爽麗仕込み」から生まれた、軽快でなめらかな味わいの日常の食中酒。さまざまな料理を引き立てる爽やかな酸味と低アルコールを実現し、日本酒の新しい領域を広げるお酒です。

鏡花

KYOKA

味わいとボトルデザインを現代的に表現した、日本酒シーンの多様化を受け止めるお酒です。金沢ゆかりの文豪・泉鏡花にちなみ、ラベルは鏡花が自身の替紋として好んで用いた源氏香「紅葉の賀」をモチーフにしています。

福正宗

FUKUMASAMUNE

福光屋のハウスブランドであり、明治の頃より愛される地酒です。食の国・金沢にて、時代とともに歩み、時代に合った味を生み出してきました。定番10種のほか、季節限定酒や四季シリーズの数量限定酒があります。

瑞秀

MIZUHO

「山田錦」の中でもとくに優れた米を選び抜き、杜氏の技を尽くした福光屋の最高峰ブランド。中汲み囲いの純米大吟醸酒のみで構成し、熟成による味わいの深まりを価格付けで評価するヴィンテージスタイルをもちます。

初心

HATSUGOKORO

杜氏が初心にかえり、丹念に醸す山廃仕込純米大吟醸。伝統の山廃酒母で独自の酵母を育て、完熟醗酵による純米大吟醸「淡熟」の系譜として一年、三年、七年、十年の時を重ねた4種を揃えます。

百々登勢

MOMOTOSE

日本酒の長期熟成の研究を1959年から試みる福光屋が「濃熟」の系譜として送り出すブランド。深い味わい、色味、香りはロマンの酒とも呼ばれています。詩人・高橋睦郎氏により「百々登勢」と命名されました。

フロム・ザ・セラー

FROM THE CELLAR

福光屋が日本酒の長期熟成酒の研究を開始したのは1959年のこと。米の種類、精米歩合、醸造法、貯蔵温度、熟成期間の異なる、4種を揃えます。日本酒の温故知新ともいえるシリーズです。

酒炭酸

SAKETANSAN

「日本のスパークリング」をコンセプトに、発泡性の低アルコールを実現した軽快な日本酒です。炭酸ガスとトニックウォーターをブレンドした3種を揃え、食のシーンを問わず軽やかにお楽しみいただけます。

ITAYA

ITAYA

気鋭の杜氏・板谷和彦とシニアソムリエ・辻健一氏とのコラボレーションで誕生した生詰シリーズ。多様な料理との心地よいペアリングを目指し、独自技術の追求により、日本酒の新しい味わいと可能性を広げました。

えじゃのんおんぼらぁと

EJANONOMBORATO

酒米の最高峰・山田錦のみを用い、日本酒醸造の技と独自の蒸留技術で仕上げた本格米焼酎。1990年より仕次熟成させた深みのある味わいに、ボリューム感と心地よい吟醸香をたたえた焼酎です。

くつろぎのおんぼらぁと

KUTSUROGINOOMBORATO

デザート感覚で楽しめる本格米焼酎ベースのリキュールです。柚子と梅の果汁に独自製法の米発酵エキスを混和し、まろやかな味わいに仕上げました。ロックや水割り、カクテルのベースにと幅広く楽しめます。

コウノトリの贈り物

KOUNOTORINOOKURIMONO

日本で唯一コウノトリが飛来する兵庫県豊岡市出石町は、福光屋が契約栽培する酒造好適米「フクノハナ」の唯一の産地です。豊かな自然、母なる大地へのオマージュとしてフクノハナ100%の純米酒を造りました。