HOME > お知らせ > PRESS RELEASE > 「加賀鳶 梅吉 純米カップ」6月7日(火)北陸先行新発売のお知らせ

お知らせ

2022年6月8日

酒造りの妙技を味わえる「加賀鳶」から、毎日気軽に愉しめる梅吉ラベルのカップ酒

「加賀鳶 梅吉 純米カップ」6月7日(火)北陸先行新発売のお知らせ

株式会社 福光屋(本社:金沢市)は、酒造りの妙技を味わえる代表銘柄「加賀鳶(かがとび)」から毎日気軽に愉しめる梅吉ラベルのカップ酒「加賀鳶 梅吉 純米カップ」(200mL)を6月7日(火)に北陸で先行発売し、日本酒ビギナーから愛好家、観光・お土産市場、業務用市場など、幅広い層にご提案します。

加賀鳶」の妙技を飲みきりサイズで気軽に愉しめる、純米カップ酒。

開発経緯

1992年の誕生以来、「粋」をコンセプトに鋭いキレ味をもつ個性豊かな味わいを展開してきた「加賀鳶」。酒米の特性を見極め、純米造りの技を徹底的に追求した、まさに酒造りの妙技を味わえるブランドとして、当社の人気銘柄の一つに成長しています。
この度、毎日気軽に愉しめる「梅吉」シリーズに、飲みきりサイズの純米カップ酒(200mL)を手頃な価格でラインナップに加え、日本酒ビギナーから愛好家、観光・お土産市場、業務用市場など、幅広い層にご提案します。

加賀鳶 梅吉 純米カップ(200mL)

粋で鯔背(いなせ)な鳶頭「梅吉」ラベル。

商品特徴

契約栽培した酒造好適米を100%使用。上品な香りを生み出す厳選した酵母で醸しました。軽快な旨味とキレ味の良さが特長で、料理とのペアリングも存分にご堪能いただけます。

デザイン

歌舞伎の演目『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)』の主人公である鳶頭「梅吉」が、勇ましく見得を切る大胆なラベルデザイン。伝統的でありながら、日本酒の新たな世界観を表現しています。

ターゲット

日本酒ビギナーから愛好家、観光・お土産市場、業務用市場

ラベルデザイン

商品仕様

商品名

加賀鳶 梅吉 純米カップ

原料米

全量契約栽培米・酒造好適米使用 (国産米100%)

原材料名

米(国産)、米麹(国産米)

精米歩合

70%

製造法

純米

アルコール分

15度 

日本酒度

+7

酸度

1.6

飲み方

冷やす◎ 常温◎ お燗◎

味わいの特徴

軽やかな旨味とフレッシュなキレ味、心地よい余韻

相性の良い料理

海鮮サラダなどの軽い味わいの料理、焼き魚や焼肉などのしっかりとした味わいの料理

容量・参考小売価格

200mL 250円(税別 227円)

発売日

北陸3県 2022年6月7日(火)

販売店

酒類販売店
(福光屋直営店・オンラインショップでは、販売いたしておりません。)

加賀鳶 梅吉シリーズ その他のラインナップ

加賀鳶 梅吉 純米吟醸・純米
ガラス瓶:各300mL、720mL、1,800mL
紙パック:各900mL

「加賀鳶」について

加賀藩江戸屋敷お抱えの大名火消し「加賀鳶」。火消しの技と喧嘩早さは天下一品、雲に雷を染め抜いた長半纏と合紋の革羽織を身にまとい、鳶口を持ったその様は賑々しくも勇ましく、粋な集団として八百八町の人気を一身にさらっていました。そんな加賀鳶と町火消しとの喧嘩がらみの江戸の人情や風俗を生き生きと表現した河竹黙阿弥の代表作『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)』。芝居の冒頭で勢揃いする加賀鳶連中の意気の良さがブランドコンセプトになりました。
ラベルの「加賀鳶」の書は、黙阿弥を曽祖父にもつ日本の演劇学者、故・河竹登志夫氏によるものです。

明治初期の歌舞伎の傑作『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)』の錦絵

ここに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。
閲覧日に情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

本プレスリリースに関するご質問・お問合せ

株式会社 福光屋 企画広報室
TEL:076-223-1173(平日 9:00~17:00)
FAX:076-223-1174

商品に関するご質問・お問合せ

株式会社 福光屋 お客様相談室
TEL:076-231-2191(平日 9:00~17:00)