ホーム > 福光屋の酒 > 黒帯

黒帯

燗も善き哉。冷も善き哉。

酒を酒として楽しむことができる堂々とした日本酒です。
金沢の老舗料亭をはじめ、数々の食の職人に鍛え、育てられた黒帯は、現在多くの食通、酒通の方々からその味わいを認めていただいています。
味わいの理想は、旨くて、軽いこと。酒米に山田錦と金紋錦を使用し、ブレンドではなく、独立した味わいの酒をバッティングさせることで得 られる「コク」「ふくらみ」「キレ」「品」の絶妙なバランス。さらに、時間をかけてじっくりと熟成することで「まろやかさ」を加えた味わいは、肴の旨さを引き出しながら、自らの旨さをも深めていきます。

「黒帯」の命名者、吉田健一が寄せた一文がある。

黒帯のもう一つの命題は「燗あがり」すること。

燗あがりとは燗をしてもっとも旨さが際立つことを言う。日本酒は燗で楽しめる粋な酒である。酒器を選び、肴にこだわり、しみじみと味わう。熱燗、ぬる燗、人肌燗、どの温度帯でも見事に味わいの形を完成させる、それが「黒帯」である。並大抵の酒にできることではない。燗の王者と言わしめる所以である。

ブランド開発に関わる人たち

ブランドとその人達の関係は、たとえその人が著名な人であっても、 …様御用達とか、…様のお墨付だとかいうような、いわゆる権威付けでは全くない。それは、ブランドのストーリーを語る上で欠かせない存在であり、誤解を承知であえていうなら、そのブランドがまとうなんらかのオーラの質や量を決定づけるものであると思う。黒帯に関しては吉田健一がその人であることに疑いはない。福光屋が目指す究極の酒の姿を言葉で表わしたという点で、重大な意味を持っている。理想は必ず普遍的であることから、その文章は今も色被せることがない。 世の中に、酒を飲む人間と飲まざる人間がいる。不思議に思われるかもしれないが、酒の商品開発に関わる人のなかにも酒を飲まない、または飲めない人が思ったより存在する。ブランド開発に関わる人で飲めない人間は、総じて優れたクリエーターである。おそらく被等は、我々凡人が酒に酔うことで味わう精神の高揚や感性の露出といった、いわゆるハイテンションな状態を常時維持しつづけているのであろう。 そんな人の中に鈴木八朗がいる。彼の創造のエネルギーは尋常ではない。その量、生み出すペース、ジャンルの多様性、そして、もちろんその質の高さは見事としかいいようがない。黒帯の書は彼の手によるものである。

吉田健一(よしだけんいち)

1912年~1977 年。吉田茂元首相の長男として東京都に生まれる。
英国ケンブリッジ大学を経、英文学者として翻訳、文芸批評、小説、エッセイなどを手懸ける。食通、愛酒家で知られ、金沢にも旨い酒と料理を求めて何度も足を運んだ。その折には福光屋にも訪れ酒宴を楽しんだという。
代表作に『金沢』『ヨーロッパの世紀末』『舌鼓ところどころ』などがある。

金沢で夜、酒を飲んでゐると、酒が甘いも辛いもなくただ酒になり、朱塗りの壁は紫の影を増して屏風の金と相対し、酒を湛えた九谷焼の杯が貴重なものに見えて来る。尤も、さういう酒でなければならない訳であるが、福正宗は金沢のそのやうな酒の一つである。その味がいいので、味がどうのかうのと詮索する必要がないし、飲んでゐれば軽く酔ひに包まれることになる。
(「静夜思」より)

酒はただ飲めばいいやうなものでも味がただの酒と思わせるものでなければならない。それを飲む方はそれでいいのであっても、その酒を造る方の苦心は並大抵のものではない。言はば苦心すればする程ただ酒でしかないものが出来上って酒好きを喜ばせるといふことになるのだらうか。「黒帯」はさういう酒である。
(「白山の雪」より)

金沢で夜、酒を飲んでゐると、酒が甘いも辛いもなくただ酒になり、朱塗りの壁は紫の影を増して屏風の金と相対し、酒を湛えた九谷焼の杯が貴重なものに見えて来る。尤も、さういう酒でなければならない訳であるが、福正宗は金沢のそのやうな酒の一つである。その味がいいので、味がどうのかうのと詮索する必要がないし、飲んでゐれば軽く酔ひに包まれることになる。
(「静夜思」より)

酒はただ飲めばいいやうなものでも味がただの酒と思わせるものでなければならない。それを飲む方はそれでいいのであっても、その酒を造る方の苦心は並大抵のものではない。言はば苦心すればする程ただ酒でしかないものが出来上って酒好きを喜ばせるといふこと になるのだらうか。「黒帯」はさういう酒である。
(「白山の雪」より)

鈴木八朗(すずきはちろう)

1937年~2005年12月29日。香川県に生まれる。
東京芸術大学卒業。McCANN-ERICKSON-HAKUHODOを経て、電通に入社。1971、1985年ADC最高賞、1986年日経広告最高賞、1988年 ACC賞ほか受賞多数。コカコーラ、国鉄(エキゾチックジャパン)、JALストーリーなどの広告を手懸けた。また、檜師八朗と称して、役者、女優、スポーツ選手の肖像「現代浮世絵・美貌檜」を描く。