ホーム > 福光屋の酒 > 風よ水よ人よ

風よ水よ人よ

新しい日本酒のかたち

キーワードは自然と人と。
「風」は、刻々と変わりゆく時代の風、「水」は、百年の歳月をかけて福光屋に流れつく恵みの水、そして、「人」は、伝統を受け継ぐ蔵人たちの技。
爽やかな香りとなめらかな質感、 喉ごしの軽やかさは「爽麗仕込み」ならではの特長です。

どんなお料理とも絶妙な相性

味わいは、ニューユーザーが好む「軽快なめらかタイプ」。独自の酵母を使用する「爽麗仕込み」と名づけた造りにより、料理との相性もよい酒が生まれました。素材そのものの濃淡を問わず、素材の旨みを素直に引き出しながら、口中を洗い流す効果も高い、日常の食事と共にお楽しみいただけるものです。

ブランド開発に関わる人たち

ある意味で、情緒的でイメージ先行型の短期的な商品になりがちなネーミングを、本格的な商品に押し上げているのは、書がもつ力である。金沢で自由奔放な創作活動を続けている能川冨美子。素描画、篆刻、書、染め、陶芸と幅広い創作の中には、共通してプリミティブな充実感、息づかいが聞こえるような手触り感がある。 分散しそうな文字の力を一気に凝縮するその手並みは、別商品の「初心」にも現われている。酒のラベルという枠に押し込まれてもなお、溌刺とした息吹は失われない。

能川冨美子(のがわとみこ)

1930年金沢市生まれ。
1962年に金沢美大教授・下村氏に日本画を師事した後、篆刻、書、陶芸等を次々に学び、それぞれに独自の作風を生みだしている。金沢で数多くの個展をひらくなど地元での創作活動を大切にしている。