酒米の故郷タイトル

サケスタイル福光屋へ
サケスタイル福光屋へ
最高の酒米を目指して
最高品質の酒米を目指して、契約農家と福光屋の挑戦は今年も続いています。
 
2016.12.05
お米と水の安全性が確認されました
〜 平成28年度 放射性物質検査結果のお知らせ 〜
ビンテージを楽しむ
日本酒にもビンテージがあ ります。熟成に時を重ねた酒は深く穏やかに語りかけます。
 
リンク集

福光屋の酒米に関するサイトや各農協さんのサイトなどのリンク集です。




福光屋では生産農家と契約栽培することによって、高品質の酒造好適米を安定確保しています。これは昭和35年に兵庫県中町と「山田錦」の栽培契約を結んだのが最初で、現在では長野県木島平と「金紋錦」、兵庫県出石と「フクノハナ」、富山県福光と「五百万石」をそれぞれ契約栽培しています。酒造好適米は栽培地が限られ、育成が難しいだけでなく、収穫量も少ないのが現状です。契約栽培の利点は、安定供給のみならず、農家と土づくりから共に研究して、より品質のいい酒米を収穫できることにあります。また、毎年の気候状況によって変化する米の性質も事前に予測、把握できたり、酒米の個性を見極めることによって、独自の酒造好適米ともいえるような特性改善も可能です。そして何よりもつくり手の顔が見えるということが、お互いの励みとなり意欲となり、最も大きな利点であるといえます。

 






トピックス職人魂の酒造りブランド福光屋の歴史酒蔵塾お客様窓口サイトマップ

●福光屋 Official Site 2001●
お酒は20歳になってから。 飲酒運転は絶対にやめましょう。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

福光屋に関する お問い合わせは こちら
石川県金沢市石引二丁目8番3号 TEL:076-223-1161(代)

FUKUMITSUYA SAKE BREWERY SINCE 1625 KANAZAWA JAPAN